確定拠出年金の基礎知識

あなたは退職後の生活資金をどう考えてられますか? 確定拠出年金ってご存知ですか?
退職後生活資金は「公的年金と企業年金で大丈夫」と思われていたのは過去のこと。高齢少子化による現役世代の負担が増加する中で受取金額の減少は避けられず、今までの年金システムではその保障が十分と言えなくなっているのが現実です。そして年金問題の解決手段のひとつとして「確定拠出年金制度」が登場してきました。この制度では各個人が自分の資金を運用する必要がありますが、あなたの運用しだいでより多くの退職後生活資金を確保できるのです。
この【確定拠出年金の基礎知識】では管理人の勤務する会社が確定拠出年金を導入した事をきっかけにして、管理人自身が勉強した確定拠出年金の内容を解りやすく解説します。また管理人の運用状況も公開してまいります。
そろそろ退職後の生活を意識しているあなたも、まだまだ若いあなたも、一緒に確定拠出年金に関する知識を得て豊かな退職後生活を実現しましょう。

管理人の運用状況


確定拠出年金説明人 はじめまして当サイトの管理人のshinです。
管理人の勤務する会社は2006年4月から確定拠出年金を導入します。 因みに管理人は勤続21年目の42歳で転職経験はありません。

導入にさきだって運用商品の選択を行う必要があります。
私が選んだ商品は以下の通りです。

・投資信託(バランス型の安定成長型) 75%
・定期預金 25%

いろいろ考えてミドルリスク・ミドルリターンで始めることにしました。

「定期預金などのローリスク商品だけだとあまりに利回りが低いこと」、「途中変更が可能なこと」、「金融商品の運用経験がほとんどないこと」を勘案して商品を選択しました。

確定拠出年金説明人 今回の検討で家族・同僚と話をするなかで将来に対するいろんな考え方がある事を改めて知りました。考えていると将来の不安から暗い気持ちになってしまう事もありますが重要な問題ですので前向きに取り組んで行こうと思っています。



 

[PR] TOEIC そば打ち ハードディスクパスワード 日本版SOX法 大阪 出会い 喫茶 エプソンダイレクト
志摩スペイン村 試写会大阪 井真成 メインフレームエディタ 桜花賞予想